Diary 2005. 2
メニューに戻る
2月1日 (Tue)  そういえば・・・

おとついが「うちの北海道移住から1年」だったんですね,道民になった今やすっかり忘れてましたけど。
今のセンター開設1周年が今日で,上司がそのことを言うたのでふと思い出したわけなのでした(^^;ゝ
ま・・・,「何周年記念」などをあんまし考えないうちのこと,それがごく普通のことなので,ねぇ・・・(笑)

昨日の乗り鉄の帰り道,星空の下を歩いて帰ってくるとき,「晴れたら冷え込むかも」と思ってました。
実際に足元はみごとにテカテカに凍り付いてて,まるでスケートリンクのように滑っています/(;≧▽≦)/
「明日の朝はこのままやろな」と思ってましたが,まさにそのとおりで,滑らないように慎重に歩いてます。
うっかりと気を抜いたりちょっとでも慌てて歩いたら,それこそスッテンと転んでしまいそうですもん(^^;ゝ
雪が降り始めた夜,氷の上がうっすらと雪化粧したため,ちょっとは歩きやすくなってホッと一息でした。

そんな中でも子供たちはへ〜きで走り回ってるのをみて,子供からの訓練はちゃうなぁと思ったのです。


2月2日 (Wed)  今日も「フルファ」

お休みの前日の今日は,「ちょっと疲れなぁ」と思ったので,フルーツケーキファクトリー本店に寄り道。
入った瞬間に目が留まった「苺畑のタルト」と,うちがお気に入りの「マロンタルト」の2つをテイクアウト。
あ・・・,念のために言うとくけど,夜に2コを食べてしまったわけじゃないですよ,いくらうちが好きでもね。

「苺畑のタルト」は糖度12の小さな「とちおとめ」がどっさり載っていて,イチゴ好きにはたまらないかも。
写真を撮る間もなく食べちゃったので,今回は写真日記ではありません,んと・・・,ごめんなさい(笑)


2月3日 (Thu)  ニセ金(かね)が大ハヤリ?

今日のトップニュースは,北海道神宮などの各地で見つかった初詣で使われたニセ壱万円札に続く,
熊本や都内で1万枚以上のニセ新500円玉が見つかったため,ATMで硬貨が使えなくなったってこと。
ニセ硬貨でまとめた預金をして,他の場所の機器で本物のお札で引き出す手口だと言っていました。

実はうちは以前から500円玉貯金をしていたんで,めちゃ気になって・・・,貯めてたのを確認しました。
貯金箱に貯めてたんではなく,本棚の影に20枚ずつ積み上げてるだけなので,確認は早かったです。

ニュースでやってたので知ってはる方も多いかもですけど,新500円玉を本物か見分ける方法とは・・・
「500」と書かれている側(裏側)を斜めから見て,数字のゼロの中に小さく「500円」と書かれてること。
この新500円硬貨が出て数年になりますが,この事実を初めて知ったうちでした,ちゃん/(;≧▽≦)/

これもまた良く知られたことですが,旧千円札(夏目漱石)の裏側,NIPPON GINKOロゴのNの横に,
小さな"NIPPON GINKO"の文字が入ってることもあるんですが,みなさまはすでにご存知でしたよね。
その千円札の裏側にはタンチョウが描かれてますが,その写真は阿寒町で撮影されたものだとか(笑)

しかし,よくもまぁ,ここまで手の込んだニセモノ造りをできる(ヒマがある)なと,ちょいと驚いたのでした。


2月4日 (Fri)  吹雪状態

20時にお仕事を終えて外に出てみると,強い風にのって雪が舞っている吹雪状態・・・/(;≧▽≦)/
おととしの3月の北海道帰省で,双瀑台から層雲峡バスターミナルへ戻るとき以来の吹雪体験・・・
そんときのように視界が数十メートルってことではないんですが,やっぱ歩くのがツラかったですぅ(^^;ゝ

北の大地が雪に閉ざされる冬の4ヶ月のうち半分が過ぎましたが,まだ冬の気配は続くみたいです。
今年は例年よりも積雪が多くて,車を持ってはる方は「朝の雪はねが大変だぁ」とボヤいてる毎日。
北国や雪国が「春の訪れを心待ちにしている」ってのが,なんとなくわかるようなここ数日なのでした。


2月6日 (Sun)  ファイターズファンクラブ

北海道日刊スポーツWEB版によれば,昨年よりも早くにすでに加入者が2万人を超えたとか(^^;ゝ
昨年の躍進もありましたし,イケメン高校生コンビ(ダルビッシュ投手と鵜久森外野手)が入団して,
道内ではずっと人気が高かったオレンジ色のチームを抜き去り,人気No.1球団になっています(笑)

先月の上旬に申し込んだファンクラブの入会記念品が届いて,うちもようやっと落ち着いた感じです。



2月7日 (Mon)  雪の動物園(旭山動物園冬季開園)

「ぷらっとあずさちゃん」リアルタイムプチ旅行記で書いていますので,詳しくはそっちで読んでもらいましょうか。
旅行記の中では使うことがでけへんかった,ちょっとおもろい写真があったので,この中で載せることにします。

アムールヒョウの肉球の大きさには「さすがっ」って思いますが,下から見上げるそれは,やっぱネコの仲間・・・
肉球を見ると思わず「ぷにぷに」としたくなりますが,シバかれてしまうのが怖いので,していませんです(^^;ゝ

本日の旅行貯金の成果:
 日の出局,旭川三条局,旭川七条局(通算訪問局数1554局)

20050207-1.jpg 20050207-2.jpg 20050207-3.jpg



2月8日 (Tue)  東に・・・・・・・・・・・・帰りたい・・・

紋別や網走から「流氷接岸初日」のニュースが飛び込んでくると,無性に東に帰りたくなってきます(爆)
今月は月末だけしか連休が無く,ぷらっとお出かけだけなる可能性もあるので,ぶーたれモードですね。
「そんときに帰ればエエやんか」とか言われるかもですけど,使いやすいフリーきっぷがあらへんのが難点。
摩周や川湯あたりを回るには不便すぎるものなので,どうしても利用するの悩んじゃうんですね(/u u;)

ま・・・,いずれにせよ東に帰るのは間違いが無いとは思うので,ジタバタも今だけのことでしょうけどね・・・


2月10日 (Thu)  吹雪の夜

午後から降り始めた雪は強い風にも乗り,会社の窓から見る外はみごとな吹雪模様・・・/(;≧▽≦)/
お仕事を終えた駅への道も,地下鉄の駅から出ておうちに向かうときも,いずれも強い雪が舞ってます。

すっかりと忘れていましたけど,今はさっぽろ雪まつりの真っ只中なので,今日は相当に大変だったかも。
まぁ・・・,内地や他の国などから来てはる方に,北海道の自然の厳しさを体験してもらう機会なのかな。

明日はお休みなんやけど,どうも荒れ模様の天気になると予報が出ているので,ちょっと気になってます。


2月11日 (Fri)  第56回さっぽろ雪まつり

休日のため混雑が必死になるのを承知で,お昼過ぎから雪まつり会場へとふらっとお出かけしてみました。
昨日までの天気予報とは違ってて,ほぼ1日中気持ち良いくらいの青空で,気持ち良いお出かけでした。

テレビ塔の目の前から西に向かってぷらぷらとお散歩ですが,市民雪像が今年も多く設置されていますね。
昨年とおんなしくプリンスSHINJO選手の雪像(カエルのかぶりもの)もありますが,どうも似てないですよ・・・
国交100年記念のノルウェー王国広場国会議事堂,屋根の修理をしているらしい名古屋城などを見て,
ノルウェースモークサーモントラウトのカルパッチョ風の試食をいただき(笑),○ポビタンDのサンプルをもらい,
「さっぽろ雪まつり」の消印が入ったお手紙を北海道仲間に投函し,味噌ラーメンまんを食べるなど満喫!

来札中の花火仲間Tさまと合流し,日が傾き始めたころに,今年で終了する真駒内会場に向かいます。
こちらは雪像が4基だけの小さな会場ですが,大きな広場で作っているので,ホントに広々としていますね。
こちらに来た目的はもちろんただひとつ,18時20分から開催される花火大会を見るためなのでした(*^o^*)
花火の写真は観覧日記を作る予定でそっちを見ていただくとして,昨年10月以来の花火を楽しみました。

すすきので途中下車し,氷像まつりをぐるっと見て回り,「スパイスボックス」でスープカレーのディナータイム。
となったらもう・・・,ゴールデンコースしかないなと,フルーツケーキファクトリーでのスイートコースへ突撃(^^;ゝ
前回のリベンジを果たすために,電話で23時までの営業であることを確認してから向かう念の入れよう(笑)
無事に目的を果たしたあとは,ケーキを味わいながら,花火談義で1時間ほど楽しむことができたのでした。

20050211-1.jpg 20050211-2.jpg 20050211-3.jpg



2月12日 (Sat)  雪まつり ちょこっと見学タイム

お仕事の休み時間(ランチタイム)に,西11丁目の雪まつり会場へとお散歩に出かけてみたのでした。
台湾関連の雪像を見たらあとは,場内の売店で雪まつりの記念品を買い,お仕事場へと戻ります。
来札中の方がいてはりましたが,モノ飛んで来ぃへんかったので,どうやら見つからなかったみたい(笑)

20050212-1.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2005/2
MoTuWeThFrSaSu
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

前月     翌月