Diary 2010. 9
メニューに戻る
9月23日 (Thu)  さっぽろオータムフェスタ

連休となったこの数日,連日のように札ドでのファイターズ戦に行ってましたが,この日は大通公園へと向かいました。
今年で3年目の「さっぽろオータムフェスタ」で,道内各地のご当地グルメなどを楽しめる,秋の食イベントです(*^o^*)
9月上旬までの酷暑がうそのような,まさに北海道らしい秋の涼しい空気と心地よい青空のもとで楽しんできました。

メイン会場のひとつ,5丁目会場は「新・ご当地グルメ」で,数日ごとに4地区の話題なご当地グルメが出展してます。
今回のチョイスは「別海ジャンボホタテバーガー」で,地元産のホタテを「春巻き」にして提供するというのが特徴なの。
地元で提供される場合は,自分でサンドを楽しめるようバラバラで提供されるのと,ジョッキ(笑)牛乳が付くみたい。
サービスでミニコップの別海牛乳が付いてきましたが,少し料金が上がっても良いから,ジョッキ牛乳が欲しかった(泣)

ホテルのバイキングなどでは,地元産牛乳が出たら,リットル単位で飲むほど好きなので,これは譲れないかなぁ(笑)

8丁目会場は市町村ブースがあり,各地の名産品などが提供されていますが,土日祝日のみの営業なのが残念。
昨年は士別高校農業科が主点したノンホモ牛乳がとてもおいしかったので,今年も狙っていたんですが・・・(/u u;)

なかなか札幌では食べることができない「美唄焼き鳥」を楽しんだだけで,この日は8丁目会場をあとにしたのでした。

写真その1;
 会場の向こう側に見えるテレビ塔は,青空を突き刺しているように見えます

写真その2:
 中国語表記だと,ジャンボが「超級」で,ホタテが「扇貝」なんですね(^^;ゝ

写真その3:
 春巻きもおいしいんですが,パンがホントにホントにおいしいんです(*^o^*)

20100923-1.jpg 20100923-2.jpg 20100923-3.jpg



9月30日 (Thu)  さっぽろオータムフェスタ2回目(その1)

「さっぽろオータムフェスタ」開催中の最後の休み(泣)であったこの日,今期2度目の訪問となったのでした(*^o^*)

向かったのは,5丁目の「新・ご当地グルメ」会場で,期間中に3回の入れ替えがあり,計12種類が出店してます。
「北見塩焼きそば」,「富良野オムカレー」,「芽室コーン炒飯」,「十勝清水牛玉ステーキ丼」の4商品が出店中。

「富良野オムカレー」は現地で食べられそう(1日散歩きっぷで行ける)なのと,相方と2人で3つ食べられそうなので,
「北見塩焼きそば」,「芽室コーン炒飯」,「十勝清水牛玉ステーキ丼」の3種類を思い切って頼んでしまいました。

「北見塩焼きそば」は,豚肉の替わりにホタテが入ってるのが大きな特徴で,ソース味とはまったく違った味わいです。
「芽室コーン炒飯」は,スイートコーンの甘さがアクセントの優しい味で,とくに子供には好かれそうな感じがしました。


ここには1日3枚しか載せることができないのに写真が4枚になってしまったので,あとは10月1日分に続きを載せます。


写真その1:
 「北見塩焼きそば」には,最近,なにかと話題の「食べるラー油」も付いていました

20100930-1.jpg 20100930-2.jpg



2010/9
MoTuWeThFrSaSu
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

前月     翌月