Diary 2012. 6
メニューに戻る
6月2日 (Sat)  春季高校野球大会

今日は夏らしい天気になるようなので、「1日散歩きっぷ」で無人駅の「ぷらっとずさちゃん」をしてこようと思いましたが,
郵便局めぐりができない土曜日なのと(爆),前日までの仕事がキツく,心とカラダの状態が整わなくて断念しました。
ただ・・・,「どこかに出かけて気分転換したい」ということで,けったをシバいて円山(動物園と球場)へと向かいました。

ちょうどこの日は,春季高校野球北海道大会の準決勝があって,昨年から注目されていた選手も見られそうなのと,
円山動物園で「ゼニガタアザラシに子供が生まれた」ってニュースで流れてたので,それを見に行ったのでした(*^o^*)

晴天の土曜日で,準決勝ということもあって,円山球場のネット裏あたりは,立ち見客まで出るほどのにぎわいです。


△第1試合(札幌第一vs札幌龍谷)
途中まで龍谷がリードしてましたが,龍谷の先発ピッチャーにバテが見え始めた8回表,一気に試合が動き出します。
変化球でしかストライクが取れなくなり,連続フォアボールから連打を浴びて逆転され,5-2で試合終了となりました。
まぁ・・・,順当と言えばそれまでの結果ですが,甲子園出場経験もある札幌第一が,決勝にコマを進めたのでした。

△第2試合(北海vs札幌日大)
うちが見たかったのは,(たしか)昨年夏の甲子園出場のときに注目されてた,北海のエースナンバー玉熊投手です。
北海は大会の初戦,選抜に出場した北照に12-11でサヨナラ勝ちして,2回戦も10-8の乱打戦で勝ち上がるなど,
打撃中心のチームかもしれませんが,北照が相手だったことを割り引いても,失点が多いとこが気になりますね(^^;ゞ

注目の玉熊投手は3回裏から登場し,4回,5回とピンチを招くも,なんとか無失点で切り抜けてリズムを作りました。
4回裏にキャッチャーのみごとなブロックで北海が失点を防ぐと,ランナーが出ないしびれる試合展開となったのでした。
途中からの登板とはいえ,6回から安定した投球となった玉熊投手は,典型的な「スロースターター」かもしれません。

同点の8回表,暴投,エラー(記録はバントヒットですが),暴投と続いて,これが決勝点となって3-2で北海が勝利。
過去の2試合みたいな大量失点はなく,投球からリズムをつかんでの勝利は,「さすが」といったところでしたね(*^o^*)


いつもは屋根のある球場(札ド)での野球観戦ですが,久しぶりに屋外球場での観戦は,めっちゃ楽しめましたねぇ。

20120602-1.jpg 20120602-2.jpg



6月3日 (Sun)  円山動物園(6月2日)

第1試合と第2試合のあいだと,試合が終わったあとに,年間パスを持って円山動物園にふらっと向かってみました。

目的としていた「ゼニガタアザラシの子供」は見れましたが,動き回っているので写真としては失敗でしたね(/u u;)
そのかわり,寝てる仲間を上から心配そうに(大笑)見てたレッサーパンダ,昨年に生まれたキリンの子どもナナスケ,
逆さにぶらさがってる子どもの手をかじって遊ぶオランウータンのレンボーなど,たっぷり楽しむことができました(*^o^*)

20120603-1.jpg 20120603-2.jpg 20120603-3.jpg



2012/6
MoTuWeThFrSaSu
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

前月     翌月